2016年 10月 の投稿一覧

工務店に依頼するメリットデメリット

工務店で注文住宅を依頼するときは、特徴を知っておくと安心できます。
依頼店選びに失敗しないように、メリットとデメリットを把握しておきましょう。
まず、工務店は地域密着型が多いです。
その場所に合わせた設計が可能で、希望通りの家ができやすいです。
更に、人件費や広告費があまりかかっていないので、低価格で家を建てることができます。
そして、これにはデメリットも存在します。
低価格であるということは、欠陥住宅ができやすいです。
工務店は全国に多数ありますが、その分悪徳業者もいます。
悪徳ではなくても技術力の問題で、欠陥住宅ができることもあります。
話を聞くだけでは、信頼できて腕が良い工務店を見つけるのは大変です。
そんなときは、実際の工事現場や実績を見せてもらうようにしましょう。
このように、メリットもデメリットもあるので、しっかりと見極めるようにする必要があります。
注文住宅は大きい買い物なので、焦らずゆっくり判断して信頼できるところを選ぶようにしましょう。

設計事務所に依頼するメリットデメリット

注文住宅は、人生において最大の買い物でもある重要なものです。
そのため、自分の納得のいく状態に仕上げたいと思うでしょう。
注文住宅で最も大切なことは、間取り決めです。
この間取りの決め方によって、住み心地や家の印象などすべてが決まってしまいます。
納得のいく間取りを作り上げるためにも、信頼できる設計事務所に依頼することが大切です。
建築方法によって可能な間取りであったり、ライフスタイルを考えた便利な生活動線が出来た間取りを提案してもらうことが可能です。
しかし、未熟な設計士であったり、個性の強すぎる設計士の場合、こちらの要望がなかなか聞き入れてもらえなかったり、理想通りの間取りが出来上がらないというデメリットもあります。
注文住宅を建てるときには、図面の見方などの簡単な知識を身に着けて、提案された図面については細かくチェックして、不明な点や希望と異なる点などは小さなことでも修正を重ねていくことが大切です。

失敗しない資金計画

注文住宅を建てる際にはいくつもの項目を達成していかなければなりません。その中の一つが資金計画となります。
今より昔は注文住宅を建てる際などはあまり重要視されていなかった資金計画ですが、現在ではとても重要視されている点となります。
その理由としては、資金計画が上手にされていないと後々住宅ローンなどが払えなくなり泣く泣く家を手放す事態に陥ってしまうからです。
現在では注文住宅を建てる際には、ハウスメーカーとの打ち合わせの段階でライフプランナーなどを呼び一緒にこれからの資金計画を考え幾らぐらいの注文住宅を建てることができるかを一緒に打ち合わせするメーカーが多くなっています。
事前にこれから貯蓄しなければならない老後の資金や子供の教育、車のローンなどのお金そして30年程払う住宅ローンなどの必要な経費を資金計画としてしっかりと考えてから注文住宅を建てる事はとても大事です。
将来なにがあっても家を手放さないように予防する為にも必ず計画を経てることをお勧めします。

注文住宅の設計について2

注文住宅を建てる際、一番面白くて且つ一番頭を悩ませるのはその設計です。誰しも最高の物を建てたいと思うのは常ですが、やはり予算の問題もあります、また希望はあっても建蔽率、容積率等の法的制限もあり思うようにならないこともあります。
そこで一番重要になってくるのは当たり前のことではあるが、納得するまで充分に設計者と打ち合わせすることです。
設計は色々な考えがあります。例えば日当たりを優先して窓を目いっぱい採用したとすれば、逆に外から丸見えとなりプライバシーは確保できなくなります。また家族とのコミュニケーションを重視してリビング階段を採用したとするならば、逆に言うと来客時には落ち着きはなくなります。
このように設計は難しいものです。自分たちがどういう暮らしをしたいのか、どんな家でこの先ずっと生活したいのか、この自分たちの希望、ニーズを自分たちが把握して業者と打ち合わせしていくことが最も重要なことになります。

注文住宅の設計について1

注文住宅の設計について注意したい点がいくつかあります。
まず、建築方法によって間取りに制限が発生するということです。
注文住宅を建てるときに多くの人があこがれるのが、大きな広いリビングに開放感のある大きな窓です。
しかし、この広い空間を作るためには耐震強度などを考えて、制限が発生する可能性があります。
必ず通さなくてはいけない柱があったり、窓の大きさや高さ、数などの制限もあります。
他にも、階段の下のスペースや水回りの周辺など、活用されていない空間があるケースもあります。
設計については自分の希望やこだわりの部分を伝えることで、設計士さんが間取りの提案をしてくれることがほとんどです。
提案された間取りは、簡単に見るのではなく、細かい部分まできちんとチェックをして、自分が生活した時をイメージしながら何度も修正を重ねていきましょう。
不明な点であったり、気になる点がある場合には、小さなことであっても確認していくことが大切です。

耐震住宅について

注文住宅を建てる前にまず、地盤調査をして必要な対策を行ってから建築をすることが大切です。その対策とは、地盤の程度に合わせた基礎を作ることで、更に建物は現行の耐震基準に沿って壁量の確保やバランスのよい配置が大事です。いつ発生するか分からない地震による被害を最小限に留めながら、大切な家族の安全を守るための家作りが現在注目を浴びています。地震対策の工法は大きく分けて耐震と免震と制震の3つがあり住宅会社各社で独自の技術を採用した家作りを行っています。耐震構造は、建物をがっちり固めてスクラムを組み揺れに抵抗するイメージで、一方、免震と制震構造は耐震構造にブラスアルファの装置を取り付けることで振動エネルギーそのものを吸収するのが狙いです。耐震構造は、地震時に建物の倒壊を防ぐことが目的にしてあるが、免震と制震構造は揺れを吸収してくれるのでほとんど揺れを感じません。また、免震と制震構造の方が費用が安く導入しやすいです。

本当に賢い住宅ローン返済方法は?

新築住宅を購入する際に住宅ローンを組みますが、賢いローン返済をする事で総返済額や利息を数百万円抑える事が出来ます。住宅ローン返済のポイントとしては、借り入れ期間を可能な限り短くする事です。但し、借り入れ期間を短くし過ぎる事で、毎月のローン返済の負担が大きくなってしまう為、日々の生活費や貯蓄とのバランスを重視した上で、借り入れ期間を設定すると良いです。期間が短い程、支払う利息が軽減出来ます。次に繰り上げ返済ですが、予め35年などのゆとりを持った期間で借り入れてその後、資金に余裕が出来たら前倒しで返済する方法です。お金が貯まったら返済する方法の為、リスクも少なく済みます。繰り上げ返済を上手に活用する事で、借り入れ期間を短縮し総返済額も減額出来ます。こちらも無理の出ない範囲でバランスを考えて返済する事が賢い方法となっています。以上、住宅ローンの返済を賢く、効率良く行うには借り入れ期間を繰り上げ返済で短縮すると良いです。

理想のマイホームを手に入れ家族が笑顔で暮らせるようになりました

今までマンションに住んでいたのですが、一軒家に憧れを強く持っていました。それは、小さな子供と祖父母も一緒に暮らしているので、上下の住民に騒音の心配をしていたからです。家族が増えてから騒音と部屋の数が足りていないことが気になっていたので、理想のマイホームを手に入れることが出来て良かったです。思い切って新築にしたのは、自分たちが生活を送ると共に一緒に年を重ねていくことが出来れば良いと思ったからです。子供の思い出の中に、窮屈な思いをしたと言うことが無いようにもすることが出来て、満足しています。今までは甘えてばかりの子でしたが、一人で寝起きや行動を起こすようになって、新築を買ってメリットが多いです。祖父母も庭先で花を育てたり、家庭菜園を行ったりしていて楽しそうに生活をしています。私は、憧れだったキッチンを手に入れることが出来て、毎日料理も家事も力を込めています。気軽に友人を呼べるようになったことも嬉しく、家族で新築に暮らしていることが一番の幸せです。

住宅ローン借入可能額を増やす生命保険見直し法

住宅ローンの借り入れ可能額を増やすには、毎月固定で支出がある項目を見直していく必要があります。特に生命保険は、固定で保険料を納めている為、家計の支出の中でも大きなウエイトを占めています。新築の住宅を購入する際には、生命保険をまず見直すと良いです。生命保険の見直し方法としては、まずは住宅に関わる保険に加入しているかを確認する必要があります。住宅ローンを借り入れる場合、殆どの大手銀行や地方銀行で団信用保険に加入します。その為、住宅に関わる保険に加入している場合、見直す事で保険料を下げる事が可能となります。見直すには、自分が今現在加入している保険を並べて内容をチェックすると効率良く進みます。保険料が軽減出来た分、住宅ローン返済に回す事が出来、借り入れ可能額を増額出来ます。以上、住宅ローンの借り入れ可能額を増やすには、現在加入している保険を全て洗い出し、保険の契約内容のチェックをしていく事が大切です。

マイホームを買うために見直すべきこと

注文住宅をはじめとするマイホーム購入は、一生の中で最大の買い物となります。その為、マイホーム購入前には資金計画を立てた上で何度も見直しをする必要があります。見直し事項としては、資金計画が最重点となります。中でも住宅ローンの月々の返済金額と現段階での自分の収入と世帯の支出を比較、見直しする必要があります。住宅ローンの返済金額が大きいと生活費の負担にもなります。無理な返済計画になったいないかシュミレーションして見直しをすると良いです。次に住宅ローンの金利については、固定、変動で各々特徴が異なります。借り入れ年数と金額から金利を選択しリスク管理も見直す必要があります。また、資金計画で後々の繰り上げ返済等の計画も入れて見直すとより正確な計画となります。以上、マイホーム購入時には、見直すべき項目が数多くある為、一つずつチェックしていくと良いです。バランスの良い返済計画と資金計画を立てる事が重要となっています。