2016年 10月 の投稿一覧

夢の二世帯住宅の購入について

三重県でマイホームを購入する場合で基本的に考えると、1世帯での生活がメインになりますので、普通に建て売りの住宅を購入したり、こだわりがある人ならば注文住宅を使います。しかし親子2世代で生活する場合には、なかなか建て売りの物件では、存在しませんので基本的に考えると注文と言うスタイルで家を建てるのが理想です。ですから2世帯住宅を購入する場合は、まずはそれなりの大きさの土地が必要になってきます。もともと実家があるところに2世帯を建てるのであれば土地を探す必要はありませんが、そうではなくて1からスタートするのであれば、まず土地探しです。不動産屋さんに相談して土地を紹介してもらいます。その上に2世帯の家を建てて行きます。2世帯住宅を建てる場合には、できるだけ水回り関係は別々にしておいた方が生活がしやすくなります。さらには玄関も別々のほうが良いでしょう。同じ建物だったとしても、完全に別々にしておいた方が暮らしやすいです。

お互いに気持ちの良い二世帯住宅を建てる

親世帯と子世帯が同じ家で生活をしていくための家を二世帯住宅と言います。
一緒に生活をすることで、何かあった時に協力しあえてとても安心がありますが、生活スタイルの違いや育ってきた世代が違うため摩擦が生まれてしまうこともあります。三重県の工務店で新築、二世帯住宅を建てる場合、はじめはお互い気を使うのでうまくいくように感じますが、時間が経つにつれて気を使うことに疲れてしまい、一緒の生活を解消してしまうこともあります。
それでも老後の生活のことを考えて二世帯で暮らしていくのであれば、お互いの関係が気持ちよくなるための二世帯住宅が必要です。
現在ではさまざまな二世帯住宅があります。玄関も2つあり、同じ屋根の下での生活ですが、完全に生活をわけてしまうものや、玄関や浴室などは共同でもその他は別々なもの、ほとんど一緒に使用するがそれぞれの世帯にプライベートを守れる空間があるものなど数多くあります。
どのようなタイプにするかは建てる方の生活スタイルによって違いますが、夕飯のとり方を基準に考えると良い選択ができます。

外壁リフォームを行なう

新築で家を購入したとしても、その家で長く生活をしていれば、色々な所が劣化してきます。特に外壁部分に関しては雨や風や台風などが発生したりしますので、それが直撃するわけですからかなり傷んでくるのが早いです。ですから、まず新築の家を購入した後、10年、20年と経過した段階で1番最初に取り掛かっておきたいのが外壁リフォームになります。このリフォームを依頼すれば、また新しい家にいるような感覚になり、とても過ごしやすくなります。それでは外壁リフォームを依頼する業者の選択はどのようにして進めていくのが良いかと言うと、まずは初めての人であれば、情報を収集するところからスタートします。インターネットの口コミ情報を確認することで専門業者を見つけることができるようになります。これはとても大きなポイントになってきますので、きちんと多くの情報を確認していきます。その上で見積もり金額を提示してもらって使いやすい業者を選び出します。

水廻りリフォームをより良く行うために

自宅の水廻りリフォームを満足のいく形で行うためには、信頼できるリフォーム会社を選択することが大切です。優れたテクニックとスキームを持った複数の業者をピックアップした上で、より自身のニーズに見合ったサービスを提供してくれるものを選び抜く姿勢が求められます。また、一緒に暮らしている配偶者や子供がいる場合には、全員の希望を出来る限り叶えられるかどうかも検討要素となります。今までに水廻りリフォームを行った経験のある人の話を聞いて、参考にするのも有効策の一つとして挙げられます。実際の体験を基にした感想は客観的な判断をするために役立ちます。インターネットの専門サイトや様々な情報誌の中で紹介されているランキング記事に目を通しておけば、更に多角的な情報が得られます。その一つ一つを慎重・丁寧に見定めて、水廻りリフォームの計画作りに生かしていくことが大事です。この取り組みによって、新築住宅にも劣らない満足感が得られるのです。

将来のリフォームを前提に間取りを検討

住宅の構造の中には、どうしても変更することができない部分があります。特に大きな制約を受けるのが柱です。柱を動かすようなリフォームは簡単にはできません。建物全体を支えているわけですから、簡単に取り外すことができないからです。そのため、開口部を広げようと思っても、柱を取り外せないため、思うようにできないということがあります。また、廊下の幅を広げたいと思っても、柱の制約で広げられないということもあります。三重の新築する場合に、将来的にどのようなリフォームがあり得るかを考えたうえで、構造を考えておけば、いざという時に計画を立てやすくなります。年を取って車椅子で生活しなければならなくなったら、廊下の幅を広げなければなりません。柱の位置を考えておけば、そうした時にも対応できます。その他にも、二世帯住宅にする場合に、部屋の間仕切りを動かせるようにしたり、玄関を広げたり、あらかじめ改造部分を計画しておくことで、多様な対応が可能になります。

新築の購入に住宅ローンを活用する

新築の住宅を購入する際には土地や建物の購入費用として非常に多くのお金が必要となります。これらのお金を全て現金で支払える方は非常に少なくて多くの方が住宅ローンを利用して対応します。この住宅ローンは全国各地の金融機関においてサービスが提供されていますが、それぞれに金利設定が異なりますので、賢く利用するには少しでも低い金利設定の会社を選ぶ事が大切です。これは借りる金額が非常に多い事に加えて返済期間も何十年と非常に長いので、少しの金利設定の違いによって総返済額に対して大きな差が発生するケースが有るからです。これらの背景から住宅ローンを上手に利用するには比較サイトなどを有効活用して行く事が大切でして、ここでは例えば利用上限額の大きさであったり、或は適用金利の低い金融機関や、営業店舗数の多さなど様々なキーワードで比較する事が出来ます。また口コミサイトを活用しますと実際に三重の住宅ローンを利用された方の感想も参考にできます。

住宅ローンの動向について

近年の金利の動向については、2016年1月に日銀政策決定会合で発表された、日本銀行当座預金に対するマイナス金利の導入決定以降、低下傾向になっています。特に、「フラット35」においては、過去最低金利を更新し、1%未満となるなど、長期金利は低下し、超低金利時代を迎えています。

こうした金利情勢による三重県で新築注文住宅の住宅ローンの借り入れについては、新築住宅の購入促進や、過去の住宅ローンの借り換えの検討など、金融資産の利活用に対する影響は大きくなっています。

特に、新築住宅にかかる住宅ローンについては、10年間に限り、ローン残高の1%は税控除(所得税、住民税)が可能である規定があります。ネット銀行による住宅ローンメニューも多く提供され、1%未満で金融機関から借り入れすることも可能になっており、借り入れたほうが得ということもあり、できる限り借り入れるというケースも多くみられています。

今後も、金利の動向や、金融政策に対する各金融機関の対応を注視することが重要になってきます。

いい家の条件「住宅ローン」

新築の注文住宅に憧れを抱く人は世の中にたくさんいますが、いい家に住むためには家の間取りや立地ばかりに気を取られずに、住宅ローンについても検討する必要があります。
せっかくいい家に住めたとしても、厳しい返済を余儀なくされる住宅ローンの契約方法を選べは、生活が苦しくなってしまいます。また、住宅ローンの審査に通らなかったために、新築の注文住宅を諦めざるを得ない事態も想定されますので、侮ってはなりません。
昔に比べると住宅ローンの審査はゆるくなっており、勤続年数や年収の多さなどに関する条件がさほど厳しくないのが現状です。この点は金融機関によって考え方がまちまちですので、できるだけ多くの金融機関で相談することをおすすめします。
勤続年数や年収よりも気をつけたいのが、キャッシングや自動車ローンなどの返済履歴です。返済を何度も遅らせたり、現在滞納中であると、途端に審査が厳しくなります。約束通りに返済できない人物だと判断されるからです。また、5年~10年前に債務整理を行った経験があると、まず審査に通りませんので気をつけましょう。
住宅ローンが利用できたとしても、無理な金額を借り入れると月々の返済が厳しくなります。高級ないい家に住みたいと願う場合には、土地代や建物代が高くなりがちですので、多額の住宅ローンを選ばざるを得なくなります。しかし、金融機関側も年収を見て無理な貸付をすることがありませんので、審査に通らないリスクが高まってしまいます。
年収400万円なら3500万円くらいまで借りられますが、この限度額いっぱいまで借りるのはおすすめしません。月々余裕をもって支払える返済額をまず決めてから、借り入れる総額を考えましょう。
また、頭金を多く用意するほど、返済の負担が大幅に減ります。将来的に注文住宅を購入したいなら、若いうちから貯金することをおすすめします。200万円程度の貯金で頭金を支払えば、300万円以上も得をする例がありますので覚えておきましょう。

いい家の条件「家の設計で変わる暮らし方」

新築・注文住宅を建てるとき、みなさんそれぞれ「いい家」の条件が異なります。ロフトがあって見た目が優れた家や、バリアフリーで家族全員歩きやすい家、条件はさまざま。しかし、家を建てるときに共通している条件というのは必ずあるのです。デザインの面や間取りの面ではなく、もっと本質的な「いい家」の条件があるのです。それは「住みやすさ」のバロメーターが関係しています。一体どんな条件を守れば良いのでしょうか。
まずは、間取りです。家族の一日の動きを意識しましょう。朝起きて、トイレに行って、洗面所に行って…といった流れを想定して動線を意識した間取りを作ることが大事。水回りの音が響かず、狭く感じる通路がなく、光・通風性に優れていて、収納場所のサイズや動線が確保されていて、といったようにデザインだけでなく実用性を意識して決めることが重要となります。ワンランク上の間取りは、将来性を考慮した間取り。お子さんが成長したり、家族構成が変わったりといった拡張性を意識するとさらにグッドです。
次に、熱効率についてです。冬場・夏場は空調を活用するので関係ない、とお思いの方は大間違い。断熱材や機密シートを取り入れて、屋根の構造や間取りによって通気性を確保したお家では、何も対策をとってないお家と比べて、一年間の光熱費が段違いです。日々のランニングコストの積み重ねも、一年では膨大な金額となってしまいます。また、エアコンをフル活用しているご家庭は、熱効率を意識したお家よりもエアコンの消耗が激しく、買い替えの頻度も上がってしまいます。こちらも将来を意識して設計すること。
そして、2つ目にも共通しますが省エネを意識した設計であることも挙げられます。先述の熱効率はもちろん、太陽光発電の導入や、お部屋をできるだけ密集させて、空調をかける部屋とかけない部屋を分けて、効率よく空調を使用するといった方法が挙げられます。優れた給湯システムを採用すれば、何度も追い炊きをしてガス代を消耗することもありません。
家族みんなで相談して、デザイン・おしゃれさだけを先行せず、いい家作りを目指しましょう。

いい家の条件「健康」

健康への配慮が行き届いている注文住宅を新築することは、多くの人にとっては憧れになります。一生に一度の買い物になることも珍しくありませんから、デザイン性能を充実させながら、健康へのこだわりを再現するのも自然なことです。設計する段階では、業者とは入念な打ち合わせや見積もりを交わして、健康にいい家のイメージを膨らませながら作業を進めていくことになります。

日本の夏は高温多湿ですから、梅雨から残暑の時期にかけては、室内で体調を崩すことも珍しくありません。夏でも健康を維持するための工夫として、昔ながらの建材を使うことで、快適な環境を実現する例があります。畳は伝統的な建材であり、今でも調湿作用の良さが評価されています。洋風の部屋が中心になっていても、畳と木材が豊富に使われている和室を一つだけでも作れば、夏でも健康に良い住居空間にすることができます。

最近の夏の暑さは普通ではないため、熱中症への対策も施されている注文住宅を作ることも大切です。新築された住居内は気密性を保ちながら、外部からの熱を遮断する機能性も構築することが求められます。外壁には遮熱塗料を使うなどの工夫をすれば、室内の冷房効率は上昇するため、猛暑日の環境でも室内を十分に冷やすことができます。

断熱性が優れた室内環境にすれば、冬の時期には寒さで健康を損なうことを防げます。お風呂場から脱衣所の間で極端な温度差が発生することがないように、暖房を上手に取り入れた構造にすることも重要です。温度差を改善するために、窓やカーテンにも工夫を施すようにすれば特に効果的です。

健康にいい家は、室内の風通しが素晴らしく、カビなどの雑菌の発生を抑制する仕組みになっていることも特徴です。調湿作用のある建材に加えて、独特な風の流れを発生させるような窓の配置によって、天気が素晴らしい日には爽快な雰囲気になります。雨や雪の日には、室内は快適な湿度や温度が保たれ、精神や体も満足させてくれる家も同様に健康的です。